将来性は十分な仮想通貨

トップページ
お気に入りに追加
  

将来性は十分な仮想通貨

イーサリアムはビットコインに次いだ第2の仮想通貨としてその時価総額を誇っています。

そもそもイーサリアムは厳密にいえば仮想通貨の名称ではなく、イギリスのイーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨のことをイーサーと呼び、通称してイーサリアムとして呼ばれるようになりました。

 

日本ではビットコインのほうが注目されていますが慧海ではその様相は異なります。

イーサリアムは仮想通貨としての役割だけではなく、ほかのサービスでも活用されるプラットフォームとして注目されています。

 

具体的には2015年末にマイクロソフトがイーサリアムを基盤としたブロックチェーンを導入したことによります。

実際に注目されているのはそのプラットフォームについてです。

 

イーサリアムにはビットコインにない基盤技術の裏付けがあります。

だからこそ、銀行などもこのスマートコントラクトの導入について前向きな姿勢を見せているわけです。

 

仮想通貨においてその課題は何とっても信用性です。

あまりにも上がり下がりの激しい相場、そして取引所の信用性を考えた際もどうしてもその保険、信用性には課題を感じざるをえません。

 

しかし、イーサリアムにおいてはその課題を解決する動きがあります。

ですから、これから仮想通貨に投資をしようと考えている場合にはイーサリアムを候補として挙げてはいかがでしょうか。

 

肝心の取引所に関してもその時価総額の大きさから間違いなく信用がおけるものです。